機械の改善

プリンター

コピー機の修理をするときには、専門業者に依頼をするということが必要なことになります。それによって、スムーズに故障を改善してくれることになります。このようなことを知っておくと、コピー機を大切に扱うことが出来ます。

詳細を確認する...

仕事の効率を考えた配置

プリンター

リース任せで複合機等を使うとそれ以上の発展は見込めないのですが、機能を理解して活用するとより便利な上に会社にとってもプラスとなる要素が出て来ます。これらの利用に関してリース会社は様々なサービスを提供している物の限界もあり、それをカバーするのは使い手側なので協力すべきなのです。

詳細を確認する...

純正品同様の使い勝手

型番に合ったトナーを選ぶ

プリンター

一口にoki対応の再生トナーと言っても、その種類は非常に多くなっています。その理由はokiの純正トナーそのものが型番ごとに形状やインクの種類などが違っているためです。そのため型番に合ったトナーを選ばないと使用できない、トナーインクが漏れたといったトラブルの原因にもなるので要注意です。 型番に関してはプリンタや複合機の製品ラベルに印字されているため、そこから確認することができます。再生トナーもその型番ごとに分けて店頭でも通販でも販売されているので、よく確認してから購入する必要があります。 また再生トナーはokiの純正トナーと比べて保証の面で違いが存在します。不良品だった場合の対策として、保証が充実している業者の再生トナーを購入するように気をつけたいところです。

互換性や仕上がりへの拘り

プリンティングソリューションの1社であるokiデータは各種プリンタや複合機の販売を行っており、それに対応してoki専用の互換再生トナーもサードパーティ各社から販売されています。 これらの互換再生トナーは何れもokiの純正トナーと同じように使用することができるのが特徴です。ユーザー側は特に意識をすることなく、純正トナー同様の手順でトナー交換をすることができます。また印刷品質に関しても、極力oki純正トナーに近い仕上がりを実現しています。 一方で価格の面では純正トナーよりも大幅に安いのがoki互換の再生トナーの特徴となっています。このため印刷コストを気にするオフィスや個人ユースを中心に需要を伸ばしています。

印刷に関して紹介します

プリンター

現在は家庭内で簡単に印刷を行えるようになりましたが、消耗品であるトナーの費用は決して安くありません。リサイクルトナーは製造コストを削減しているので、格安で利用できます。今後は、企業等の経費削減や社会貢献としても利用が進むと見られます。

詳細を確認する...